女性の工場勤務!求人が多く女性割合が高い職種とは?

管理系の業務は女性が目立つ

女性向けの工場求人として品質管理や生産管理などの管理系の業務があります。工場の製造ラインで作業をする仕事でも女性が活躍していることがありますが、体力的な負担が大きいことに加えて、24時間稼働をしている工場の場合には夜勤もあるのが問題になりがちです。しかし、品質管理や生産管理は大半がオートメーションになっていて、日中に確認作業をするだけで済む工場が多くなっています。そのため、女性でも働きやすい環境があるという定評があります。ただし、管理系の業務は丸一日作業が続くわけではありません。そのため、正社員としての雇用の場合には工場の総務を兼任したり、コールセンターとしての対応を兼ねたりすることもあるのが特徴です。

食品関係は女性割合が高い

食品関係は女性向けの工場求人として人気です。工場での加工食品の製造をしている大手食品メーカーや集約型の工場を用意している大手チェーンの飲食店などが運営している工場からの求人が目立ちます。日本では女性が家事を切り盛りしていることが多いため、料理や衛生についての意識が高いと捉えらえる傾向があります。食品の製造では衛生管理が必須で、料理のセンスを仕事に生かせる面もあるのが特徴です。そのため、女性が製造職としても活躍していて、女性割合が高い工場がたくさんあります。小規模の工場ではオートメーションが進んでいなくて、ほとんど手作業で製造をすることも多く、普段から料理をしていてセンスがある女性が重宝されています。