女性が工場で働くメリット・デメリットとは?

女性が工場で働くメリット

女性が工場で働くメリットは、子育て中の人でも働きやすいことです。24時間稼働の工場の場合3交代制が採用されていることが多く、朝勤・昼勤・夜勤の時間帯があります。子供が学校に行っている時間だけ働く、配偶者が帰ってきてから夜勤するなど、色々な働き方ができます。残業が少ないため時間になったらすぐに帰宅できるため、スケジュールが組みやすいのもメリットです。また、未経験でも採用されることが多いため、就業経験が無い人でも働きやすいでしょう。基本的に単純作業であるため、慣れれば誰でもスムーズにこなすことができます。仕事とプライベートのメリハリがつけやすいうえ、特に夜勤は時給も良いので短期間で集中的にお金を貯めることができます。

女性が工場で働くデメリット

女性が工場で働くうえでの一番のデメリットは、オシャレが楽しめないことでしょう。若い女性はファッションやメイクで自分を表現したいという気持ちが強いですが、工場は制服を着て作業することがほとんどです。食品や精密機械などの場合は、メイクが禁止のところもあります。オフィスカジュアルを着こなし、流行りのメイクを楽しんでいる同年代の女性と比較すると、理不尽に感じることもあるでしょう。また、配属された場所によっては、立ちっぱなしで作業をしなければなりません。慢性的な腰痛や足のむくみなどに悩まされることもあるため、体力に自信がない女性にとってはつらい作業となります。配属場所を事前に確認しておく必要があるでしょう。